FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リンク先にジャンプ

大魔神 テレビ東京系 深夜ドラマ

最近景気の良い話を聞かないテレビ業界ですが、
かなりの予算を割いてのドラマ制作の話題です。


この作品のリメイクだそうです。


1966年に大ヒットした特撮時代劇映画「大魔神」が、テレビドラマとして44年ぶりに“復活”することが13日、分かった。4月2日にテレビ東京系でスタートする「大魔神カノン」(金曜深夜1・23)で、総製作費は深夜帯ドラマとして破格の10億円。主人公の女子大生役は、1000人以上のオーディションから選ばれた女優、里久鳴祐果(りくな・ゆか=21)が務める。

 団塊世代のお父さんには懐かしい復活劇だ。あの「大魔神」がブラウン管を通じ、44年ぶりに目を覚ます。

 同作は戦国時代を舞台に、巨大な武神像がにらみをきかせながら動きだし、悪人を懲らしめる物語で、1966年に3部作として公開された。普段は穏やかな表情の大魔神が、両手のコブシを顔の前に交差させると、一転して怒りの表情となる“変身ポーズ”は、当時の子供たちの間で流行。後にパチンコ台としてリメークされるなど、現在でも国民的人気を誇っている。

 新作では500年の時空を超え、舞台が悪霊に取りつかれた現代へ。主人公の大学生、カノンが“祈りの歌”を歌い続けることで、眠っていた大魔神が覚醒し、悪と対峙する。

 撮影には7カ月かけ、昨年12月にクランクアップ。敵役をCG映像で描くなど最新鋭の技術を駆使し、総製作費は映画並みの10億円を投入した。通常の深夜帯ドラマは1話当たり700万円程度だが、今回は4倍近い金額をつぎこみ、全26話の大作を完成させた。

 映画版では、高田美和(63)、藤村志保(71)といった往年の名女優がヒロイン役を務めたが、今作で抜擢された里久鳴も、1000人以上のオーディションを勝ち抜いた期待の星。

 里久鳴は「ドラマの中で都会の冷たさに苦しみながらも成長していくカノンと同じように、私も現場でたくさんのことを学び、一緒に成長できたかなと思います」と振り返った。

 制作側は“大人が楽しむドラマ”をコンセプトに、放送時間を深夜に持ってきた。高寺重徳プロデューサーは「旧作は正しく生きる者は報いられるべきという物語。“人を信じ人を愛する心”を今の時代の人々に共有して貰えれば」と話している。
リンク先にジャンプ

コメントの投稿

非公開コメント

見てみる?

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
もっと知りたい!!
お問い合わせ等
お問い合わせのほか、最新情報や間違えのご指摘、応援メッセージ等々いただけるとうれしいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
プロフィール

dramasky

Author:dramasky
FC2ブログへようこそ!

リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。