FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リンク先にジャンプ

サリン事件 初ドラマ化。

もうあの事件から15年もたっているんですね。
海外ドラマの24とか、ブラッディーマンデーとか、ドラマの中身になっているような
内容ですが、これは現実だったんですよね。


原田美枝子主演、地下鉄サリン事件ドラマ化

番組は「3・20 地下鉄サリン事件 15年目の闘い~あの日、霞ヶ関で何が
起こったのか~」(仮題、後9・0)。ドキュメンタリーとドラマの融合で、今
も苦しむ遺族と被害者の闘いを描く。

 95年3月20日午前8時ごろ、オウム真理教の松本智津夫死刑囚(54)=
教祖名・麻原彰晃=の指示で、信者5人が丸の内線、日比谷線、千代田線の車内
で化学兵器、神経ガスサリンを散布。通勤ラッシュの最中発生した未曾有の事件
で死亡した12人の中にシズヱさんの夫で地下鉄職員だった高橋一正さん(享年
50)がいた。

 あの無差別テロ以来、「地下鉄サリン事件被害者の会」代表世話人として裁判
を400回も傍聴し、被害者救済を訴えてきたシズヱさんは今回の番組制作に「
15年間、多くの人に支えられ、感謝の気持ちで振り向けば常に主人の笑顔があ
りました。その思いが番組で届けば」と期待を寄せた。

 ドラマ部分のシズヱさん役に原田を抜てきした成田一樹プロデューサーは「高
橋さんは被害者の会の代表だけでなく、妻、母でもあり、女優を続けながら妻、
母として家庭を大切にされる原田さんと心情面で共通する部分もあるのでは…。
高橋さんの悲しみと苦しみをしっかり受け止めてくれる方です」と説明。

 大役を担う原田は「普通の主婦だったシズヱさんがこんな事件に巻き込まれて
しまい、どんなに苦しんだことだろうと胸が締め付けられました」と哀悼の意を
示す一方、「15年間、闘い続けることができたのは『自分が何もしなければ夫
は浮かばれない』という想いに突き動かされたからではないでしょうか」と真摯
に語った。


 成田プロデューサーは「1人の女性の15年を通して、あの事件、被害者につ
いて考えていただければ」とメッセージ。日本を震撼させた無差別テロを時の流
れで風化させてはならない-。
リンク先にジャンプ

コメントの投稿

非公開コメント

見てみる?

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
もっと知りたい!!
お問い合わせ等
お問い合わせのほか、最新情報や間違えのご指摘、応援メッセージ等々いただけるとうれしいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
プロフィール

dramasky

Author:dramasky
FC2ブログへようこそ!

リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。