FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リンク先にジャンプ

三夜連続!松本潤くんと長澤まさみ

三夜連続ドラマが放送されます。
松本潤くんと長澤さんとの恋愛もかなり濃いものになるらしいです。
ちょっと気になります。

松潤とこんなことに!?


フジテレビ開局50周年特別企画
わが家の歴史
4月 9日(金)21:00~23:22
4月10日(土)21:00~23:30
4月11日(日)21:00~23:54

ドラマ『わが家の歴史』松潤&長澤の壮大なラブストーリーも
フジテレビ開局50周年特別企画のトリを飾る、3夜連続放送のスペシャルドラマ『わが家の歴史』は、昭和の激動の時代を底抜けの明るさとバイタリティーで生き抜いた、ある家族(八女家)の物語を描く、三谷幸喜初のホームドラマ。その笑いと、感動満載の家族のドラマの中に、壮大なラブストーリーが描かれている。

貧しいながらも笑いの絶えない八女家の長男、義男(松本潤)と、裕福な家庭で純粋培養された令嬢、一之瀬ゆかり(長澤まさみ)は恋に落ちるが、家柄の違いから彼女の両親に交際を禁じられる。一度はあきらめようとする義男だったが、思いは断ちがたく、北海道にいる彼女を連れ出し手に手を取って、青函連絡船に飛び乗った。それが、あの洞爺丸…。1954年9月26日、台風により転覆し1155人の犠牲者を出した日本最大の海難事故として歴史にその名を残す大型客船である。

この洞爺丸が座礁して転覆する場面の収録は、中国は上海の郊外にある撮影所・上海影視楽園で行われた。スタジオに建設された洞爺丸のセットは、間口10 メートル、奥行き20メートル、高さ8メートルという、当時の洞爺丸の約半分を再現した大きさ。そして大勢のスタッフ、キャストが乗るということと、水圧に耐えるものでなくてはならないということで、見た目はもちろんのこと安全面を考慮し、強度も重視、結果、計25トンもの鉄骨を使用した異例の規格のセットとなった。

スタジオ入りし、初めて洞爺丸のセットを見た松本潤は「こんなに大きなセットを建てているのは見たことがない!」と感心しながら、長澤まさみとともに船のデッキに登ったり降りたり、ひとしきり見学した後、いよいよ撮影へ。ゆかりの両親から逃れ、船に乗り込む義男とゆかり、ところが折からの台風で海が荒れ始め、船が激しく揺れる中、人々が逃げまどい波にのまれていくという場面を1日かけて収録していく。

何台もの放水機で浴びせられる水をまともにかぶりながら、迫真の演技を続ける松本、長澤。船が大きく傾いていく状況作りのため、松本も長澤もスタントなしで、ワイヤーで足をひっぱられ、勢いよくひきずられ…体当たりでアクションに挑んだ。圧巻は、座礁した船のデッキを、大波が直撃し、義男とゆかりの繋いだ手が離れて…という場面。洞爺丸のセットと並んで組まれた10メートルの高さのやぐらの上にセットされた巨大なバスタブ状の水槽をひっくり返して、4トンの水を船のデッキに立つ松本、長澤めがけて一気に注ぎ込む、というやり直しのきかない一発勝負の撮影だが、結果は計算通りの大成功!巨大な水のかたまりが2人を引き裂き、押し流していく大迫力の映像が撮れた。

早朝からの撮影は休みなく続けられ、終了したのは日付が変わってから。ずぶ濡れになりながらも良いシーンが撮れた2人は元気いっぱいで、松本は「とにかく驚くばかり、圧巻。本当に“船”そのもので感動した」とコメント。2人の運命とともに、ドラマ史上最高のスケールで撮影した迫力の映像に大注目だ。

リンク先にジャンプ

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

見てみる?

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
もっと知りたい!!
お問い合わせ等
お問い合わせのほか、最新情報や間違えのご指摘、応援メッセージ等々いただけるとうれしいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
プロフィール

dramasky

Author:dramasky
FC2ブログへようこそ!

リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。